ばんのひとりごと。


by wakeittemoaoiyama

カテゴリ:日記( 77 )

自宅近景

twitterでは
小出しにつぶやいている
地元の話。

昨年夏に引っ越しました。

曳船(押上)から長津田へ。

d0030772_3195318.jpg


一歩間違えば
まるで稲刈り後の田圃にも
見えかねない
のどかな風景に
オンオフの切替を
手伝ってもらう毎日。

特に狙ったわけでは無く
引っ越してみたら
母校の近く。

まさかまた
恩田川と近しくなるとは
思わなかった。

サイクリングロードを走ろうと
買ったウィンドブレーカーは
未だ新品のまま。
[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2010-03-10 03:21 | 日記

美女

美女が我が家にいます。

d0030772_20152010.jpg


7月中旬に生まれ

8月末から同居。

美女すぎるため

悪い蟲がつかないように

T-850が欲しかったりします。

d0030772_20164777.jpg

[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-09-22 20:18 | 日記

誕生日回想

2ヶ月以上前の誕生日を回想。

社泊のため
1人寂しく年を取るかと思いきや

同じく社泊が2人。
非常に心強い。

いずれも3年生の
「Jペー」と「ゴッちゃん」。

お世辞にも美味しいとはいえない
こってりチョコケーキの
四つ角に
煙草を立ててくれて
サプライズ。

「黒ニンニクの力」との
食い合わせの悪さに
リアルにサプライズ。

d0030772_065369.jpg
[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-09-22 00:06 | 日記

SLOOPPY

金曜日。

人形町にて
いつもの通り
00時17分発の終電車を
待っていたら

「新橋で人身事故」の構内アナウンス。

いつまでたっても電車が来ない。

いつもだったら
来るまで待とう終電車 な
家康タイプ

もしくは

歩いてしまえ な
信長っ気もある俺だが

この日は朝から
ウィダーインゼリー1個で動いていたので
たまらず地上へ。

吉野家やココ壱を横目に見つつ
SLOOPPY(スロッピー)という名の
ダイニングバーへ単身乗り込む。

d0030772_2373731.jpg


少し贅沢したかったのと
ただ単純に腹が減っていただけだったので
大して期待もしていなかった
というのが正直なところだが

意外にもプロジェクターがあり
大きなスクリーンには
映画「THE BLUES BROTHERS」が
映し出されているではありませんか。

結局1食と2杯のお酒で
エンディングロールまで
居座りました。

そんなわけで
今週末の1曲。

Cab Calloway
Minnie the Moocher

[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-06-29 02:38 | 日記

アスタシオンウエノ

d0030772_2345327.jpg


ここ何年か
“付き合いの悪い人”を地で行っている俺。

それでも
ありがたいことに
誘ってくれる人がいる。

最近
さくらさかしたにも
コメントしてくれるようになった
ランバダ氏もその1人。

ランバダ氏とは
上野駅の中央改札で待ち合わせて
名前は忘れたが
不忍池近くの上野っぽいお店へ。

上野は近いが全く行かないので
完全にアウェー。

PARLAMENTの「UNFUNKYUFO」が
いかにFUNKYであるか
とか

昔サンボマスターのコンちゃん(Bass)が
TOWER OF POWERみたいな曲やりたい
と言っていたのに
サンボマスターはあまりTOWER OF POWERっぽくないね
とか

高校時代の会話を
そのまま持ってきたようなトークに花が咲き

あっという間に
時間が過ぎた。

d0030772_2354455.jpg


帰りに何故か
曳船駅の珈琲屋という名のコーヒー屋で
ケーキを買い
1人で珈琲を淹れて
おやつの時間を楽しんでいることから
もう完璧に酔っ払っていることが分かる。

ウエノ効果はテキメンで
月曜の俺は
顔色が良かったそうだ。

ランバダ氏に感謝。
[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-06-29 02:36 | 日記

アスパラガスの国

2度目の出張にて
札幌は違う国だと思った。

まず空港に立つと
6月でも空気が違う。
寒いし。

飯処に困り
仕方なく銀座ライオンを選んだら
道産食材によるメニューに
都民は間違いなく驚く。

6月の札幌はアスパラガスがメイン。

初日の夜
アスパラガスをいただくため
「さっぽろっこ」というお店に落ち着き
おしぼりを受け取ると
店員さんがひとこと。

アスパラガス切らしちゃってます。

失意のまま
2日目の仕事をこなし



南5条の浜善というお店で
珍しいアスパラに出会う。

生アスパラ。

もいだままのアスパラを
そのまま並べ
粗塩とマヨネーズでいただく。
こっちで食べるアスパラほど
筋がなく柔らかく
何といってもデカい。
風味があって
青森の銘酒「田酒」とよくあう。

ちなみに仕事で行ってるんだよ。

d0030772_23314.jpg

[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-06-29 02:33 | 日記

柳屋

並んで待つこと20分。

出社前に
人形町「柳屋」にて
たいやきを購入。

スタッフをじっくり観察したところ
タネをこねる兼電話番のおネエさんが1人、
タネを型に流し込んで餡子挟んで直火にかけるおっさんが1人、
レジ打ちのにいさん1人。

驚いたのが
「焼けたてのたいやきにこびりついたこげをむしり取る」
専門のポジションがある。

シフト見て
「俺今日“こげ場”だー。嫌だなー。」
などという会話があったりするのかな。
[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-05-09 23:19 | 日記

マイク対決

プレーオフイースタンカンファレンスセミファイナル
クリーブランドVSアトランタ

顔ぶれを見ただけで
結果が予想できる。

圧倒的にクリーブランド優位。

アトランタはむしろ
Tyrone Hillアシスタントコーチが
出た方が良いのでは。

ヘッドコーチの濃度対決では
甲乙つけがたいのだが。

d0030772_2317391.jpgd0030772_2318783.jpg


ATLANTA:Mike Woodson(左)
CLEVELAND:Mike Brown(右)
[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-05-09 23:18 | 日記

Stockton Drive On

d0030772_18253184.jpg

Stockton drive on Johnson.
Malone drive on Robinson.

90年代某シーズン。
プレーオフカンファレンスセミファイナルでの一コマ。

ジョン・ストックトンがエイブリー・ジョンソン相手に切り込み
カール・マローンがデビッド・ロビンソン相手に押し込む。
ジェフ・ホーナセックとヴィニー・デルネグロも火花を散らした。

サンアントニオのヘッドコーチは
ジョン・ルーカスとかボブ・ヒルとか頻繁に変更したが
その分ベンチ対決はユタのジェリー・スローンの方が
一枚上手に見えた。

ユタとサンアントニオは今でも
プレーオフの度に激突し
NBAを面白くする。

このたび
NBA栄誉の殿堂入りを果たした5人のうち
ユタとサンアントニオの関係者は3名。

ストックトン、ロビンソン、スローンヘッドコーチ。

残り2名はあのマイケルと
女バスのひと。

特にストックトンの殿堂入りが嬉しい。

d0030772_18254064.jpg

[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-04-12 18:25 | 日記

小さな旅

日曜8時放映
NHK「小さな旅」を
できる限り観ている。

単なる旅番組ではなくて
人間ドラマが織り交ぜられているので
下手すると日曜朝から泣くことになる。

今日は
三軒茶屋の三角地帯。
商店街の老舗玩具屋のご主人が亡くなって
奥様が閉店前に1週間だけシャッターを開けるという内容。
キャロットタワーや三軒茶屋シネマなど
馴染みのある風景も映る。
決して悲観的ではなく
むしろ接客する奥さんの満面の笑顔が印象的。

先日「テレビの、これから」という
しょーもないトーク番組放送していたが
「小さな旅」みたいな番組やっている限り
テレビというメディアは心配ないと思うけど。


[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-04-12 18:24 | 日記