ばんのひとりごと。


by wakeittemoaoiyama

タグ:桑實寺 ( 1 ) タグの人気記事

南北朝の寺

観音寺へ行くには
方法が何パターンもある。

【壱】
加賀団地口から
桑實寺への
数百数千の石段を
地道に登っていく方法。

【弐】
西老蘇方面から
繖山林道を経て
辿り着く方法。
ただし
繖山林道は有料。

【参】
観音正寺参道から
教林坊を横目に
これまた石段を
攻略していく方法。

【四】
もう一つは
繖山トンネルを
通り抜けずに
観音寺への山道を
登っていく方法。
この方法だと車でも
辿り着けるんだろうか。。

【五】
あとは
ひょっとすると
能登川駅方面から
観音寺を目指す別の方法が
あるかもしれない。

ここまで引っ張っておいてアレだが
安土行きの目的は
桑實寺⇒観音寺城跡⇒観音寺
だったので
必然的にルート【壱】になる。

安土駅前にて
自転車をレンタル。
チャリで行ける所まで行き
いざ心臓破りの石段へ。

季節の花を横目に
苔むした石段を
一歩一歩攻略していくのは
地道な作業。

それでも
体力に自信がある方には
桑實寺は是非おすすめしたい。

d0030772_12595446.jpg
天智天皇の時。
阿閇の皇女(後の元明天皇)が
病気になっちゃって
琵琶湖の中から現れた
薬師如来によって病気がなおったとか。
桑實寺縁起絵巻


この薬師如来を
本尊としたのが桑實寺で
現在の本堂も南北朝時代のまま(!)
だそうな。

観音寺が参詣客であふれていても
桑實寺は道のりがハードなので
人はほとんどいない。

毎日通われてるんですか?

受付のおネエさん(推定60歳)に
尋ねてみる。

息子が住職なので
1日おきに石段を
登ってくるんだとか。

そんな話の中で
貴重なメモ帳を
いただいた。

d0030772_1304454.jpg

[PR]
by wakeittemoaoiyama | 2009-03-15 13:00 | 日記